NURO光 PR 記事内に商品プロモーションを含む場合があります

NURO光の速度は遅い!?実測値2万5千人を徹底調査してみました!!

最大2Gbpsの通信速度が売りのNURO光、最近は10ギガプランも出ていて通信速度を前面にアピールしている光回線です。
しかし、NURO光の広告やキャッチコピーとは裏腹に、NURO光は遅いという口コミをみることもあります。

これからNURO光の契約を検討しようという人にとって、NURO光の速度が遅いという口コミや評判は強い不安要素になってしまいますよね。

そこで今回はNURO光は、本当に速いのか?実は遅かったのか?をはっきりさせるために、NURO光の通信速度を徹底検証してみました。

『速度測定システム Radish Networkspeed Testing』276人、『みんなのネット回線速度』25,357人の計測結果をもとに客観的な検証を行いました。
これからNURO光の契約を検討しているけど、速度について不安のある方は是非最後まで読んでみて下さい。きっと参考になるはずです。

NURO光の速度に関する口コミ

まずは、NURO光の速度に対する口コミを確認してみたいと思います。

NURO光の速度に関する口コミ・評判をGoogleで検索してみると、まず最初に目に飛び込んでくるのは『NURO光遅い』というワードです。

NURO光は本当に遅いのでしょうか?
悪い評判の方が広まりやすいので、確かに悪評はよく目につきます。
私は2014年~2019年の6年間NURO光を利用していました。
その時の体感としてはNURO光はかなり速いと感じていたので、NURO光が遅いという口コミが気になります。

X(旧Twitter)でNURO光の速度に関するコメントを調べてみると、
実際には、速いという書き込みも、遅いという書き込みもどちらも見受けられます。

いくつかピックアップして紹介します。

回線速度が遅い口コミ

回線速度が速い口コミ

NURO光を実際に使っていた時の実測値と感想

X(旧Twitter)の口コミでは、やはり遅いという内容も速いという内容もありました。

私も2014年~2016年の間NURO光を利用していましたので、一人のユーザーとして感想は、普通に早かったです。もちろん、一時的に速度低下するようなこともなかったわけではありませんが、ストレスを感じたことはありません。

現在は引っ越しに伴い建物の都合上、NURO光を利用できずJ-comを使っています。
正直、NURO光に戻りたいと思うぐらいNURO光には満足していました。

NURO光を利用していた当時に私が書いた記事がありますのでそのまま引用します。

※2018年に書いた記事内容です。

NURO光の通信速度を実際に測定した結果

NURO光の通信速度は実測値で2Gbps出ません。
2014年に実家でNURO光を導入、2016年に引っ越し先の賃貸アパートでもNURO光を導入したNURO光ヘビーユーザーの私が、実測値を測定してみました。

測定には「Radish Network Speed Testing」を使用しています。

NURO光通信速度:無線LAN(WiFi)接続の測定結果

下り/241.6Mbps、上り/188.7Mbps と無線LANで100Mbpsを超える速度です。無線LAN(WiFi)接続では充分な速さを計測しています。

NURO光通信速度:有線LAN接続の測定結果

下り/704.1Mbps、上り849.4Mbpsの速度です。

2Gbpsは出ていないですが、充分すぎる回線速度!!
これだけの回線速度があれば、動画など大容量ファイルのダウンロードも快適に行うことが出来ますね。

当時はパソコン2台、テレビ1台、家族分合わせるとスマホ4台を利用していてこの通信速度なので、かなり満足していました。

今使っているJ-comは不自由が出るほど遅くはありませんが、NURO光と比較すると段違いに遅く感じています。

では、今回の本題、NURO光の速度測定データの検証に入っていきましょう。

NURO光の実測値276人分を徹底検証

私がNURO光を利用していた際の計測データは2018年なので、それ以降のNURO光の速度調査をするため、
通信速度の計測サービス『速度測定システム Radish Networkspeed Testing』を使って2018年~2023年までのNURO光の速度測定結果を抽出しました。

まずは、戸建て住宅200人分・マンション76人分、計276人分をエクセルに打ち込み、データ化してみます。

ちょっと量が多すて、スクショになっていますが上記データから戸建て・マンション別に平均速度を出すとこの通り↓

戸建てとマンション、それぞれの平均速度は、どちらも下り・上りともに500Mbpsを超えています。

主要光回線各社の平均速度と比べてみるとこの通り、

光回線名 下り平均速度 上り平均速度
NURO光 588.28Mbps 522.13Mbps
ドコモ光 273.06Mbps 217.95Mbps
ビッグローブ光 287.72Mbps 205.14Mbps
ソフトバンク光 314.28Mbps 223.34Mbps
auひかり 439.15Mbps 384.96Mbps

どれも500Mbps以下なので、
NURO光はかなり速いということが分かりますね。

続いて、NURO光の速度ごとの人数分布も見てみましょう。

戸建て・マンションともに500Mbps以上が多数いる一方で、100Mbpsが少数いるのは気になります。

一時的な速度低下の可能性もありますが、PCやスマホなど使っているデバイスにも問題がなく速度が遅すぎる場合は、回線自体の不具合の可能性はあり得ます。

この場合は、サポートに連絡して『速度が出ない』・『不安定』・『繋がらない』など相談することで、屋外配線状況の点家に来てくれたりと、しっかりした対応をしてくれます。

みんそくで調べたら平均値がすぐにわかりました…

276人のデータをエクセルに打ち込むという地道な作業が終わってから、もっと簡単に回線速度を調べられる測定サイトを見つけました…

みんなのネット回線速度、略して『みんそく』です。平均速度以外にも様々なデータが簡単に見れたので、色々とまとめてみました。
とても、参考になると思います!!

以下データはみんなのネット回線速度のサイトに記載の2024年1月時点の数値をもとに作成してます。

NURO光利用者25357件の平均速度(総合)
平均ダウンロード速度(下り) 610.97Mbps
平均アップロード速度(上り) 616.85Mbps
平均ピング値 11.44ms
下り・上りともに平均速度600Mbpsを超えています。Ping値も11.44msで15以下です。
25,357人分の平均値ですので、データ精度はかなり高いです。
やはり、NURO光の速度は速いと思ってよさそうです。

回線速度とPing値の違い

回線速度の単位はbps(bits per second)は、1秒間にどれだけのデータを流すことができるかを表す単位で、数値が大きいほど早くなります。1000Mbps=1Gbpsになります。1Gbpsだと1秒間に1ギガビットのデータを流すことが出来ます。

一方、Ping値は応答速度で、単位はms(ミリ秒)で表します。数値が小さいほど応答速度が速くなります。Ping値が15ms以下であればオンラインゲームもラグがなく利用できる目安とされており、プロゲーマーの方などは10ms以下が理想と言われています。

 

戸建て・マンション、有線接続・無線(WiFi)接続に分けての平均速度もありましたので、グラフにまとめてみると、

戸建てとマンションの速度の差はあまりないですね。これで、マンション利用の方も一安心。
有線と無線で比べてみると、やはり有線接続の方が速いです。より速くという方は、有線接続できるものは有線にしましょう。

続いて、時間帯ごとの速度データもありましたのでまとめてみます。

夜の時間に少し速度が下がっていますが、それでも500Mbps越えていますので、どの時間帯もかなり速いと言えます。

そして、夜の時間帯の平均速度の推移データが興味深いので見てみましょう。

2020年1月~2024年1月のデータになります。平均速度は年々上がっていってることがわかりますね。これは、NURO光が設備強化を継続して行っている証拠でもあります。
既に充分速いと言えますが、今後も更に良くなっていくことが期待できますね。

以上がNURO光の速度測定データの検証結果になります。
客観的に数値で見てみると、NURO光の通信速度は速いということが分かります。

NURO光の実測値で2Gbps出ない理由

NURO光の速度が速いということは、データをみて実証されましたが。
2Gbps(2000Mbps)出てないよね?と感じた方もいるはず。

NURO光の口コミが遅いと評価する人の中には、最大2Gbpsっていうのに900Mbpsしか出ませんでした。2Gbps出ないじゃん。というケースが多数いるはず。
実際には実測値900Mbps という数値はかなり早いにもかかわらず、最大速度の2Gbpsが出ないから遅いと思ってしまう人が多いのです。

残念な結果をお伝えすると、NURO光2ギガプランで実測値が2Gbps出ることは絶対にありません。

なぜなら、光回線各社が公表している速度は、ベストエフォートといって理論上の最大値になるからです。更に屋外基地局から宅内回線終端装置(ONU)までの最大速度であり、ONUから使用機器までの速度ではありません。

現在NURO光の2ギガプランでレンタルされるONUの最大速度は1.3Gbpsなので、実測値の限界は1.3Gbps。

だとしたら、最大速度1Gbpsの他光回線と差がないのでは?と思いますよね。
最大速度が2Gbpsであるメリットはしっかりあります。

NURO光の最大速度が2Gbpsあると何が良い?

2Gbpsが実際には出ないとしても、最大速度が速ければ速いほど、実測値も速くなります。

水に例えてみると、1リットルの水が溜まってるタンクから4本の蛇口をつなぐと1本の蛇口からは250ミリリットルしか出ませんよね?
では、タンクに2リットルの水が溜まっている場合はどおでしょう?
2リットルのに水が溜まっているタンクから4本の蛇口をつないだとすると、1本の蛇口からは500ミリリットルの水が出てきます。つまり倍の量になるわけです。

光回線に戻してイラストにしてみると、

【最大通信速度が1Gbpsの場合】

最大通信速度1Gbps の回線が、ONUまで1Gbpsで届いたとします。
4つの機器を使用したとすると、1つの機器ごとの通信速度は1Gbps÷4になるので250Mbpsになります。

【最大通信速度が2Gbpsの場合】

最大通信速度2Gbps の回線が、ONUまで1Gbpsで届いたとします。
4つの機器を使用したとすると、1つの機器ごとの通信速度は2Gbps÷4になるので500Mbpsになります。

利用人数が多かったり、使用機器が多いほど、最大速度が速い方が安定した通信を確保しやすいということがわかります。
NURO光は最大速度が2Gbpsだからこそ他社光回線に比べて実測値も速くなっているのです。

NURO光の速度を最大限に活かす方法

25,000人を超える人の実測値を検証した結果、NURO光の通信速度が速いことは実証されました。
実際にNURO光を利用するのであれば、出来るだけ通信速度を速くしたいですよね?

NURO光の速度を最大限に引き出すためには、以下4つのポイントが重要になります。

  1. 使用機器のスペック
  2. LANケーブルのカテゴリ
  3. WiFiルーターの規格
  4. ONUの性能

一つずつ説明していきます。

1、使用機器のスペック

PCやスマホなど、インターネットを利用する機器のスペックは通信速度に影響します。

せっかく速い光回線を使っても、PCやスマホなどインターネットを利用するデバイスが古かったり、性能が低かったりすると思うような通信速度が出ない可能性が大きいです。

2、LANケーブルのカテゴリ

LANケーブルのカテゴリで通信速度は変わります。

PCやテレビなどを有線接続するのに必要なのがLANケーブル。
このLANケーブルのカテゴリが古いと通信速度が出ません。
LANケーブルのカテゴリごとの最大通信速度は以下の通り。

LANケーブルカテゴリ 最大通信速度
CAT8 40Gbps
CAT7
CAT7A
10Gbps
CAT6A
CAT6e
10Gbps
CAT6 1Gbps
CAT5e 1Gbps
CAT5 100Mbps

amazonでCAT8のLANケーブルを探してみると、安いものだと1Mで1000円以下もあります。

もし、使っているLANケーブルのカテゴリが古い場合は最新のCAT8を用意することをおすすめします。

3、WiFiルーターの性能

NURO光は、ONUに無線機能が搭載されているのでWiFiルーターを使う必要はありません。ONUの近くで別のWiFiルーターを使うと電波干渉による速度低下の原因になるのでNURO光もルーターの使用はおすすめしていません。

ただ、広い家や、部屋数が多い、分厚い壁で遮られてるなどの場合は、中継器としてWiFiルーターを使用するケースもあると思います。

その場合は、ルーターの性能によって通信速度は大きく変わりますので、ルーターの通信規格を確認しておく必要があります。

通信規格 最大速度
IEEE802.11a 54Mbps
IEEE802.11b 11Mbps
IEEE802.11g 54Mbps
IEEE802.11n 600Mbps
IEEE802.11ac(Wi-Fi5) 6.9Gbps
IEEE802.11ax(Wi-Fi6) 9.6Gbps

 

Wi-Fi5・Wi-Fi6に対応した通信規IEEE802.11ac・IEEE802.11axの表記があるものを選びましょう。

4、ONUの性能

正直に言うと、ここはNURO光に一番改善してほしいところになります。

NURO光を契約して、無料で送られてくるONUは全部で9種類。
9種類の中から選ぶことは出来ず、ランダムに送られてきます。しかも、9種類の性能にはばらつきがあります。

9種類のONUの性能は以下の通り。

ONU機種 最大通信速度 無線LAN規格 評価
ZXHN F660P 4.8Gbps
(4,800Mbps)
 IEEE 802.11
a/b/g/n/ac/ax
NSD-G1000T
ZXHN F660A 1.3Gbps
(1,300Mbps)
IEEE 802.11
a/b/g/n/ac
HG8045Q
SGP200W
FG4023B
ZXHN F660T 450Mbps IEEE 802.11
a/b/g/n
HG8045j
HG8045D

ZXHN F660T・HG8045j・HG8045D、この3つが来たらハズレです。
速度を売りにしているのに、最大450Mbps のONUを送らないでくれと言いたいところですが、選べないのでしょうがないです。

ただし、この3つが送られてきて、本当に速度に不満が出た場合は、サポートに連絡してONUの交換を申し出てください。
『速度が出ない』『通信が安定しない』などの不具合を説明すれば無料で交換してくれます。

ONUでハズレを引いたら、多少面倒に感じるかもしれませんが、交換してもらうことをおすすめします。

NURO光の2ギガと10ギガどっちのプランが良い?

基本的にはNURO光2ギガプランを前提に説明してきましたが、NURO光には10ギガプランもあります。2ギガにするか10ギガにするか迷っている方もいると思います。

最大速度が速ければ使用する機器ごとに割り振られる通信速度も速くなるというのは、前に説明した通りです。
利用人数が多かったり、使用する機器が多い場合には、1台当たりの速度が出るのはやはり10ギガになります。

4台利用した場合、1台当たり最大2.5gbpsが出る可能性もあります。

そして、NURO光10ギガでレンタルされるONUの最大速度4.8Gbpsの『ZXHN F660P』・『NSD-G1000T』のどちらかになります。
ONUの性能も申し分なし。速度だけで言ったら10ギガを選ばない理由はないです。

あと、重要なのは料金ですね。

10ギガと2ギガの料金プランを比較してみると、

2ギガプラン 2年契約 3年契約
月額料金 5,700円 5,200円
工事費 44,000円(実質無料)
事務手数料 3,300円
10ギガプラン 2年契約 3年契約
月額料金 × 5,700円
工事費 44,000円(実質無料)
事務手数料 3,300円

10ギガの場合、3年契約しか選べませんが月額5700円です。2ギガの3年契約との差額は500円。月々500円の差が高いと思わないのであれば10ギガを選ばない理由はありません。

もし、2年契約にしたい、毎月500円でも安い方が良いというのであれば2ギガを選んだほうが良いです。2ギガも充分速いですので安心してください。

まとめ:NURO光は速かった!!

NURO光の速度を2つの2回線速度測定サービスデータから検証してみましたが、NURO光が速いということは実証されました。

【Radish Networkspeed Testing】

戸建て マンション
平均ダウンロード速度 588.28Mbps 509.87Mbps
平均アップロード速度 522.13Mbps 528.44Mbps

【みんなのネット回線速度】

戸建て マンション
平均ダウンロード速度 592.41Mbps 646.14Mbps
平均アップロード速度 623.20Mbps 606.95Mbps
ピング値 11.65ms 11.04ms

2つの測定サイトの結果を見ても一目瞭然でNURO光の速度が速いことが分かります。
また、今回の検証結果は25,000人を超える測定データがもとになっているので、かなり信頼度は高いはずです。

ごく、一部で低い速度結果も出ていることから、悪い口コミも確かにありますが、

↑この速度推移の結果からもわかるように、NURO光が継続して設備強化を実施して回線の速度が年々上がっていることが分かります。

NURO光の実測値の検証結果、参考になりましたか?
NURO光、とても良い光回線です、快適なインターネット環境を導入してみてはいかがでしょうか。

これから、NURO光を申し込むのであればキャンペーンの利用がおすすめです↓

おすすめNo.1 現金45,000円キャッシュバック
NURO光が公式開設している申し込み専用キャンペーンサイトからのみ利用可能!!
現金45000円が利用開始月から11ヵ月後に受け取れるお得なキャンペーン!!
更に44000円の工事費も実質無料、他社解約金がある場合は最大60000円まで負担してくれます。
提供元のプロバイダSo-netが直接行っているキャンペーンなので、信頼感も抜群。
NURO光の申し込みなら、このキャンペーンで間違いなし!
おすすめ度
特典1 現金キャッシュバック45,000円
特典2 44,000円の工事費実質無料
特典3 オプション加入で最大25,000円の追加キャッシュバック
特典4 他社解約金が最大60,000円 現金還元

今すぐチェック!!
\特典総額 最大174,000円分/

NURO光公式キャンペーンサイト

NURO公式25,000円キャッシュバック
NURO光forマンションを契約する場合のキャンペーンは、NURO公式の2.5万円キャッシュバックキャンペーンだけです。
公式キャンペーンだからオプション加入条件もありません!!
キャッシュバックの受取は利用開始から8ヵ月後の15日から可能になります。
NURO光forマンションを契約する方は必ずこのキャンペーンを利用しましょう。
おすすめ度
特典1 現金キャッシュバック25,000円
特典2 宅内工事費実質無料

40戸以上の大型マンションに住んでいる場合、月額2090円~2750円のNURO光forマンションが利用できる可能性があります。
公式サイトから該当マンションかチェックしてみましょう!!

オプション不要!
\現金キャッシュバック25,000円分/

NURO光forマンション公式サイト

 

≪光回線最安値はスマホキャリアで選ぶのが得策≫

光回線選びに迷っている場合、スマホキャリアに合わせて選ぶのが主流となっています。
理由は簡単、スマホセット割りでスマホ代がお得になるからです。

ソフトバンクスマホの場合『おうち割り光セット』、auスマホの場合、『auスマートバリュー』、ドコモスマホの場合は『ドコモ光セット』が適用されると毎月1100円割引が家族全員に永年適用。

契約者のみではなく、家族分も割引になるのでかなりお得となります。
スマホキャリア別のおすすめ回線を選ぶなら以下のランキングを活用してください!!

ドコモユーザーならドコモ光
GMOとくとくBB-ドコモ光-
ドコモスマホユーザの場合、ドコモ光セットが適用されるのはドコモ光のみとなっています。
フレッツ光の回線を利用した、光コラボ事業者なので、人口カバー率90%。基本的に47都道府県、日本全国利用可能になります。
基本プランは1Gbpsですが、10ギガの高速プランもありますので速度重視の方は高速プランも利用可能!!
プロバイダは、キャンペーンが一番お得なGMOとくとくBBがおすすめ!!
月額料金(戸建て) 5720円
月額料金(マンション) 4400円
最大通信速度 1Gbps
提供エリア 全国対応
高速プラン 10ギガプランあり
キャンペーン特典 キャッシュバック10500円+dポイント2000pt

ドコモ光 GMOとくとくBB 公式ページ

auユーザーならauひかり
auユーザーなら、auスマートバリューが使えるauひかりが1番おすすめ。
戸建てプランでは、関西・東海地方・沖縄県が提供エリア外ですが、カバー率はかなり広め。
auひかりは独自回線のため、回線混雑が起こりにくく通信の安定性に定評があります。
また、高速プランでは5ギガ・10ギガの2段階から選べるのがとても素晴らしいところ。
プロバイダは、世界のソニーグループのソネットが一番安心です!!
月額料金(戸建て) 5610円
月額料金(マンション) 4180円
最大通信速度 1Gbps
提供エリア 全国対応
※関西・東海地方・沖縄県の戸建ては提供なし
高速プラン 5ギガ・10ギガプランあり
キャンペーン特典 キャッシュバック14154円~・初年度月額割引

auひかり So-net 公式ページ

ソフトバンクユーザーならNURO光
ソフトバンクユーザーのセット割りが使えるのは、NURO光とソフトバンク光ですが、速度・料金を考えるとNURO光が圧倒的におすすめ。
独自回線を使用するNURO光は、基本プランで最大速度2Gbpsと業界最速。
更に、2ギガプラン・10ギガプラン・マンション専用プランすべての月額基本料金が、光回線大手の中で最安値となっています。
プロバイダはソネット1社のみとなるので、公式サイトから申し込めば間違いなし!!
※戸建てプランとマンション専用プランで申し込みページがわかれているのでお間違いなく。
月額料金(戸建て) 5200円
月額料金(マンション) 2090~2750円
最大通信速度 2Gbps
提供エリア 22都道府県
高速プラン 10ギガプランあり
キャンペーン特典 45000円キャッシュバック
(マンション専用プランは25000円)

マンション専用戸建て公式ページ

ソフトバンクユーザーでNURO光エリア外ならソフトバンク光
ソフトバンクユーザーで、NURO光のエリア外となってしまった場合はソフトバンク光がおすすめ。
ソフトバンク光は、フレッツ光の回線を利用した光コラボ事業者なので、提供エリアは47都道府県日本全国となっています。
NURO光エリア外の場合も、利用できるはずです!
速度を求める場合は、10ギガの高速プランあり。Y!モバイルでもスマホ割り適用されます。
プロバイダはYahoo!BB一社のみなので、公式ページから申し込めば間違いなし!
月額料金(戸建て) 5720円
月額料金(マンション) 4170円
最大通信速度 1Gbps
提供エリア 全国
高速プラン 10ギガプランあり
キャンペーン特典 キャッシュバック40000円
期間限定月額割引あり

ソフトバンク光 Yahoo!BB 公式ページ

auユーザーでauひかりエリア外ならビッグローブ光
auひかり以外で、auスマートバリューが利用できるのはビッグローブ光です!!
ビッグローブ光は、フレッツ光回線を利用した光コラボ事業者なので、提供エリアは47都道府県日本全国となっています。
auひかりのエリアから外れてる場合は、ビッグローブ光がおすすめです!!
また、UQモバイルのスマホを使っている場合も、スマホセット割りが適用されます。
ビッグローブのプロバイダは、ビッグローブのみ。公式サイトから申し込みましょう!!
月額料金(戸建て) 5478円
月額料金(マンション) 4378円
最大通信速度 1Gbps
提供エリア 全国
高速プラン 10ギガプランあり
キャンペーン特典 キャッシュバック40000円
初年度月額割引あり

ビッグローブ光 公式ページ